FC2ブログ

黙祷 越後獅子の歌

黙祷 再び災害が来ませんように

毎年繰り返していた新潟の水害と「越後獅子の歌」

大河水分水 新潟県では有名なんだけどほとんどの人が知らない
簡単にいうと毎年毎年洪水災害になるので信濃川の水をバイパスを切って日本海に流した。
建設当時としては東洋一の大型工事だった。涙無くして語れない工事だった
この工事(分水)の御かげで今の新潟県の穀倉地帯がある。と言いても過言ではない
この分水ができるまでは、繰り返す災害に、お百姓さん子供を売ってやっと生きていた


20年位前かなあ~分水の洗堰改修工事が行われた。
これもビックスワン同等の大型工事
この工事を建設業協会で視察に行くことになった。
この視察の観光バスに乗っていた20代の若いガイドさん、越後獅子の歌うたってくれた。
バスの乗っているのは、ほとんどが社長とか専務とか名刺を持っているのばかり。
大感動だった!

ガイドさん曰く
数日前に大河津分水洗堰に行くように言われ、途方に暮れたという・
そんな所を観光に行く人今までない!会社に資料もない。

ガイドさん幸い燕に親戚があった。
お爺さんに電話すると1時間近く大河津分水を、泣きながら語ってくれたそうだ
美空ひばりの越後獅子の歌知っているか?と言われたけど二十歳そこそこのガイドさん、知る由もない
おじさんはテープを翌日送ってくれた。
20回以上は聞いたという

ガイドさん
皆さん建設業協会の偉い人ばかりだけど・・・皆さん各社の作業服おきてヘルメットかぶって研修にいらっしゃるのですね長靴までもって・・・・
私も少し燕市のおじいちゃんに聞いて大河津分水勉強してきました。
迷惑で無かったら私も研修させて下さい。
ヘルメットと長靴は持ってきました。今着ている制服が、作業服ですから・・・

そして、御爺ちゃんに越後獅子の歌教えてもらいました2晩かかって覚えてきました
2晩涙が止まりませんでした・・・覚えたてでうまく歌えるかまかりませんが歌います、
アカペラで自分の作った歌詞カード見ながら最後まで歌った、はじめてにしては上手

バスの中は大感動 建設業協会の支部長さん 祝儀やらないとな~

甚右衛門はこの歌を敷いていたが、大河津分水との関係を知らなかった。
若いガイドさんに教えてもらった








スポンサーサイト



プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -