ひねもす のたり のたりかな

春の里  ひねもす のたり
のたりかな
                 甚右衛門(盗作)
春の里2

ひねもすのたりのたりしているのは甚右衛門である
厳しい冬が過ぎて春の陽気に
野兎も狸も狐も熊も のたりのたりしていることだろう
やる気も起きず・・・苦慮している

春の海


与謝蕪村は
春の海ひねもすのたり のたりかな 
と詠んだ
海原が穏やかに波打っている様子が今の季節になるとよくわかる

ちはやふる


三遊亭小遊三の古典落語で「ちはやふる」という演題がある
ちはやふるの小遊三か小遊三のちはやふるかと言われているらしい

ちはやふる神代も聞かず竜田川
 韓紅に水くぐるとわ
                    在原業平 

古典落語はおっちゃんが子供に
「句の意味を教えてくれ」と言われ、わからずに
大家さんに聞きに行くが大家さんもわからない
分からないと言えない大家んはいい加減なことをおっちゃんに教える
・・・というような内容を面白おかしく語っている

恥ずかしいのは甚右衛門も大家さんと一緒で
この句の意味を知らなかった
ネットで調べたやっと分かった!
川面を流れる紅葉を読んでいるように聞こえるが
熱烈な恋の歌ということも分かった
そして在原業平が平安時代きっての稀代のプレーボーイだったということも知った

古典落語は最近マイブームである
面白いことばかりでなく色々なことを教えたくれる
                

♬思い出の今日の一曲♬


のたりのたりと 甚右衛門が行く

はぶ あ ないすでー

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村6
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私、俳句1年生v-404

最近、作る余裕がないので俳句の本ばかり読んでます

在原業平、多くの短歌を残してますね


プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ