fc2ブログ

雪山登山とバックカントリー

八ヶ岳で70代の男女と80歳の男性が遭難した
北海道ではバックカントーで遭難している

雪山で遭難した人は「助けてくれ~」とか言っていいのだろうか??
天気予報なんか山の中であてになるわけがない
自分の体力を過信し雪の怖さを舐めている
何を考えているのだろうか?
人間が自然に勝てるわけがない!人間は自然の前に無力だ!

甚右衛門は雪国の生まれだけれど、雪は怖い
吹雪になったら平地でも遭難する
だから吹雪の時は動かない

吹雪の時に遭難すると、同じところをグググル回りだすと言う何回も何回も
周りの景色が見えれば回ることも無いのだろうが、吹雪では3m先が見えない

1回や2回雪山に行ったことが有るとしても、帰ってこれたのは運が良かったと思うべきだろう
リーダーになる奴の気が知れない
自分の力を過信している、雪が怖くて雪山に行けるか!って考えなんだろうけど
それで遭難して助けてくれは無いもんだ

バックカントリーもそうだ
大体のスキー場はコース外に出てはいけない!と表示したり放送したりしている
それでも出て行く輩がいる
池野平スキー場は、スキー場側では捜索はしません!一日捜索するとヘリコプター他で500万以上は掛かります
と掲示して有った

スノーボードなんか30秒も違う方向に滑ったら絶対に登ってこれない
ピーカンの天気ならまだしも、ガスったら何も見えない
ガスりだしたら、5分もしない内にあたりが見えなくなる

警察も山岳救助隊も、こんな人たちは捜索しないで良いと思う
死を覚悟して出かけているはずだ!
自分では死を覚悟していたとしても、他人に迷惑を掛けて良いわけでは無い

「助けてくれ~」って言ってきたら、南無阿弥陀仏 合掌 と言っておけばいい
甚右衛門は怒っています!

思い出の今日の一曲

甚右衛門が行く

DSC02443.jpg

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村6
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -