fc2ブログ

旅立ちの時

赤い夕陽が校舎を染めて
楡の木陰にに弾む声
ああ高校三年生
僕ら離れ離れになろうとも
クラス仲間は何時までも

この歌が流行った頃、甚右衛門は中学三年生だった。
この歌の歌詞に感動した。
自分の感情にぴったり見たいな気がして。

高校生活の3年間の友達は今でも続いている。
経った三年間の高校生活なのに・・・・
18歳ごろの多感な時代だったからだろうか。

3月に入って卒業のシーズンを迎えた。
広報にも 小学校 中学校 保育園の卒業式日程が載っていた。

孫(長女)の卒業式の写真が送られてきた・・今日卒業式だったらしい。
同じ高校に小学校 中学校 高校とバスケットを共にしてきた同級生が沢山いた。
バスケットの推薦で入学した高校だったから。
さぞ名残惜しい卒業式だったろう。

すでに大学は決まっている
正月に帰省した時
「大学でもバスケットをやるのか?」と聞いたら
「分からない}という回答だった

甚右衛門は又バスケットの推薦で大学に入ったと思っていたが
違ったらしい
もう友達もいないし、「分からない」と言う答えにもうなずける

一人住まいが始まるのかと聞いたら
母親の実家に居候すると言う

母親の実家には祖母は亡くなって、祖父と叔父さんの男二人が暮らしている
お前は女の子だから、食事の用意をして、洗濯をして、掃除をして大変だぞ
居候が務まらないかも知れないぞと言うと
大丈夫との答えだった

何だか心配だ

思い出の今日の一曲

甚右衛門が行く

DSC02443.jpg

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -