FC2ブログ

聖火ランナー

謹んでご冥福をお祈りします
1964年東京五輪の開会式で最終聖火ランナーを務めた坂井義則(さかいよしのり)氏が10日、脳出血のため東京都文京区の病院で死去した。

PK2014091002100154_size011.jpg

東京五輪でいつまでも記憶に残るシーンがある。開会式での日本選手団の入場行進と聖火点火。10月10日午後、真っ青な秋晴れの下、国立競技場の聖火台に火をともしたのが早稲田大一年だった19歳の坂井義則さんだった。

当時16歳だった甚右衛門は夢中でテレビを見ていた。国立競技場を独り占めしているヒーローを。
亡くなった坂井さんは6年後の東京オリンピックを、どんなに心待ちにしていたことだろう。
今度は東北の地震被災地の出身者が聖火ランナーになるのだろうか

今は亡き坂井さんの為にも東京オリンピックの成功を祈ります

♬思い出の今日の一曲


72歳の聖火ランナー   甚右衛門が行く

はぶ あ ないすでー

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -