FC2ブログ

奈良 薬師寺と高田好胤

ヒツジは意外と足が速い
一月もきょうで終わりですね 12分の1が終わってしまう 
また、お迎えの時期に近づいた

勇壮な伽藍 奈良薬師寺
photo_guide_top01.jpg
現在の薬師寺の伽藍である
この伽藍も前館長 高田好胤が居なかったら 再建できなかったかもしれない
好胤

この人の事を当時の人はコマーシャル坊主と言った
分かりやすい法話により「話の面白いお坊さん」、「究極の語りのエンタテイナー」とも呼ばれ、そこから百万巻写経勧進の道を切り開いて金堂、西塔など薬師寺の伽藍の復興に道筋をつけるなど、薬師寺の再生に生涯をささげた

金堂の再建だけでも約10億円が必要だったが檀家組織を持たない薬師寺にはその負担をするのは困難であった。そこで高田は全国の篤志の人々から一人1000円の写経納経の供養料を集める勧進を行い、これを賄おうと考えた(写経勧進)。一人1000円では100万人の写経が必要であった。当初は一年に一万巻しか集まらなかった。高田は全国、800以上の市町村で8000回におよぶ講演をして周った。高田の書籍出版が好調だったこと、三越百貨店での月光菩薩展示も追い風となった。これによって復興事業は一挙に進んだ。1976年には念願の100万巻が達成され、同年、金堂が再建された。

甚右衛門も30代の頃 好胤の「心」「母」などを読んで感動
法話のテープも効いた。 甚右衛門は好胤のファンであった

yakusiji inn
薬師寺の御朱印

何故か今日 4年前に訪れた時に買ってきた写経をした
P1110048.jpg
字が下手で・・・公開するのが恥ずかしいけど・・・公開は後悔
心 穏やかに所要時間45分 
東棟修復の勧進をしている 少しだけお手伝い

keitai.jpg
これは現在も使用している甚右衛門の携帯(ガラケー)
貼ってあるのは薬師寺の仏像 日光と月光
呼び出し音はアメージンググレース ちょっとミスマッチ

♬思い出の今日の一曲

是非見てください

心 穏やかに写経    甚右衛門が行く


はぶ あ ないすでー

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

私は、中学校の修学旅行でここへ行き、この方から説法を受けました。
まだまだ、剃髪の後が黒々としたお兄さんでした。
内容は覚えている訳も無いのですが、とても楽しい説明だった事だけ残っています。

高校でも行ったのでしょうが、、、、記憶が?

Re: No title

白髪のアンさん こんにちわ
甚右衛門も高校の時に法話を聴いていると思います
その後に訪れてのは 平成3年10月15日でした
私の御朱印帖の最初のページです


> 私は、中学校の修学旅行でここへ行き、この方から説法を受けました。
> まだまだ、剃髪の後が黒々としたお兄さんでした。
> 内容は覚えている訳も無いのですが、とても楽しい説明だった事だけ残っています。
>
> 高校でも行ったのでしょうが、、、、記憶が?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -