FC2ブログ

15年も前に亡くなった父に手紙が来た

15年も前に亡くなった父に書類が送られてきた
しかも合併前の住所で
前にも有ったけどハガキだったから内容も分かって問題は無かった
無題tenngokuenokaidannn

こうゆう封書て開封しても良いものなんだろうか?
甚右衛門は親父の事だから・・・と開封した

隣の市にある土地の事らしい
内容をよく見ると親父が区長をしていた時の部落の共有地の事だった
昔は区長個人名で登記していたからと思われる

発信元に問い合わせてら送り返してほしいとの事だった

前にもこんな事が有った
圃場整備の工事が終わり個人個人に換地する際の会議で
「みなさの中で土地が銀行の担保に入っている方が居ます」
と言う説明が有った
自分の田んぼを抵当に入れて銀行からお金を借りているそんな人もいるんだな~と思っていた
翌日 市役所から電話が有って
「甚右衛門さん昨日の会議に来ていらっしゃいましたよね、銀行の担保に入っている土地と言うのはお宅です!」って
「あなたの御爺さんが矢代村の助役をやっているときにお宅の土地を担保にして新潟の銀行から村のおを借りていました。
お金は返済されていますから問題は有りませんが、貴方の親戚から印鑑を頂いてもらえませんか」
そんな電話だった。
死んだ親父はそんなことも知らずに死んだと大思う

死んだ親父は私に
「政治に手を染めてはいけない!役人になってはいけない!」よくそう言っていた
親父はおふくろと二人で吹雪の夜に橇をもって、
役場で飲んだくれている爺さんを何度迎えに行ったか分からないと言っていた

息子のために生前の事は整理して死ななければと考えていたところに
保険屋さんが来た
「息子さんにかけてある保険の事ですが・・・・」って

なんか手回しが良すぎる!


♬思い出の今日の一曲♬



身辺整理を考える  甚右衛門が行く

はぶ あ ないすでー

ご覧頂き有難う御座いました、
ランキングに参加しています、
お帰りにポチを
にほんブログ村 シニア日記ブログ 団塊の世代へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

甚右衛門

Author:甚右衛門
新潟県上越市いなか区大字いなか字いなか在住 
団塊世代の無職の爺さん 
妻と二人の年金暮らしの貧乏生活
血液型B型 
性格天然ボケ最近特に熟してきた感じ 
趣味 書道 歴史 岩魚釣り ギター 
スキー ゴルフ ガーデニング 
全部中途半端

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -